トップ

観光客による経済効果とは

日本に来る観光客

観光客誘致で得られる経済効果

日本は資源が乏しい国ですから、海外からも観光客を誘致して経済効果を高める必要があります。国内の過疎の地域では、都市部から人を呼び込んで活気を取り戻すことも大切です。地方と都会の人が交流するための施設も必要です。観光の経済効果は計り知れないものです。地元の人たちだけでは、地域を活性化させるにしても限界があります。海外や国内の大都市部からも人や物資が集まるようになれば、過疎の問題も解決できます。多くの人を呼び寄せるためには、交通網の発達も必要です。宿泊施設を増やして、ガイドをする人材を育成することも重要です。

観光,日本の

観光の持つ経済効果について

観光とは楽しみを目的にする旅行を意味しています。旅行はバスや電車、船や航空機などを使って移動し、ホテルや旅館などに宿泊します。食事はレストランや料理屋、お弁当などが利用されます。また、訪問先の神社仏閣などの名所旧跡や景勝地では入場料が支払われ、お土産品やその土地の名産品が買い求められます。この様に旅行産業は運輸業、宿泊業、飲食業、製造業及び自治体などに大きな経済効果をもたらします。特に長期にわたる景気低迷の結果、定住人口の減少、少子高齢化に直面している地方自治体では、観光事業の振興が大きな課題となっています。これは旅行産業が様々な業界に大きな雇用需要を呼び起こすため、若い年代層の定着率が向上するからです。若い年代層が増加すると地域消費が向上し、地域経済が拡大します。

↑PAGE TOP